おお主なるわが神に栄光あれ。今は、あなたがすべての者に断食を守るよう命じ給うた期間であります。それを通して、彼らの魂は清められ、あなた以外のいかなる者への執着も捨てることができますように。また、彼らの心からあなたの尊厳の宮廷に値するものが立ちのぼり、あなたの一体性の啓示の座に相応しいものとなれますように。おおわが主よ、この断食が、命を与える水の流れる川となり、あなたが断食に授け給うた美徳をもたらしますよう嘆願いたします。この方法により、あなたの僕らの心を清め給え。その僕らは、この世の悪によってもあなたの栄光に満ちた御名へ向かうことを妨げられることなく、また、あなたが主権と御力、威厳と栄光を付与し給うたあなたの顕示者の到来に伴うあなたの最も輝かしい御しるしを否認した者らの喧騒や騒音によっても動かされなかった者らであります。これらの僕は、あなたの呼び声が届くや否や、あなたのご慈悲に向かって急いだ者らであり、この世の移り変わりや異変、あるいは人間的な限界によっても妨げられなかった者らであります。

おおわが神よ。私はあなたの一体性を証言し、あなたの唯一性を認め、あなたの威厳の 顕現の前で謙虚に頭を垂れ、あなたの卓越した栄光の光輝を拝する者であります。私は、あなたがご主権と威力を通して人間の目に明かし給うたご自身を私に知らせ給うた時から常に、あなたを信じております。私は、すべてのものから離脱し、あなたの賜物とご好意の御綱をしっかりと握りつつ、 その御方に向かい、 その御方の真実性を信じ、また、彼に下されたすばらしい法と教えのすべての真実性を信じております。私はあなたへの愛のために、また、ご命令に従うために断食をいたしました。そして、あなたへの賛美を口にし、あなたのお喜びにかなうよう断食を終えました。おおわが主よ、昼間は断食をし、夜はあなたの御前でひれ伏しながら、あなたの真理を否認し、御しるしを疑い、あなたの証言を否定し、あなたの発言を悪用する者らの中に私を数え給わぬよう懇願いたします。

おおわが主よ。私どもがあなたの御目をもってあなたを認めることができますよう、私の目と、あなたを求めるすべての者の目を開き給え。これは、あなたが、聖なる書で私どもに与え給うた命令であります。その書は、あなたがご命令によって選び給うた御方、すべての創造物の中からご好意を与えるものとして選び出し給うた御方、御心のままに主権を授け、特別にご愛顧を注ぎ、あなたの民へのメッセージを託し給うた御方に下された書であります。あなたは慈悲深くも、私どもがその御方を認め、その御方に授けられたことのすべてを受け入れられるようなし給いました。そして、あなたの書と書簡に約束された御方の面前に達する栄誉を授け給いました。おおわが神よ、それゆえ、あなたに賛美を捧げます。

おおわが神よ。ご覧のように私はあなたを仰ぎまつり、御恵み深い摂理とご寛容の御綱 をしっかりと握り、ご慈愛と豊富なご好意の裾にすがっております。あなたの宮廷の境内とあなたの御前の聖域に向かい、あなたへの愛ゆえに断食を守った僕らに定め給うものを得たいという私のこの望みを砕き給わぬよう、嘆願いたします。おおわが神よ。私より発せられるものはすべて、あなたのご主権にはまったく値しないものであり、あなたの荘厳さに及ばないものであることを告白いたします。にもかかわらず、私は懇願いたします。この啓示において、また最も卓越した名称の栄光において、すべての創造物に対してご自身を啓示し給うたその御名により、また、最も光輝ある御名を通してあなたの美を顕し給うたその啓示により、御心の右手から流れ出たご慈悲の美酒と、ご好意の清らかな飲物を私に飲ませ給うよう。それにより、私があなたに視線を据え、あなた以外のすべてから離脱し、この世とそこに創られたすべてのものを、あなたにとって創る価値もない、はかない日として見ることができますように。

おおわが神よ。さらに懇願いたします。私どもを罪の悪臭から洗い清める雨を、御心の天とご慈悲の雲から降らせ給え。おおご自身を慈悲の神と称し給う御方よ。まことに、あなたは最も力強く、栄光に満ち、憐れみ深い御方におわします。

おおわが主よ、あなたを仰ぎまつる者をしりぞけ給うな。また、あなたのお側に近づいた者をあなたの宮廷から遠ざけ給うな。御恵みとご恩寵を求めて熱望の両手をさしのべる嘆願者の望みを打ち砕き給うな。また、あなたの誠実なる僕らから、あなたの驚くべきご慈悲とご慈愛を取り上げ給うな。おおわが主よ、あなたは許し給い、最も恩寵深き御方におわします。あなたは御心のままになす力を持ち給う。あなた以外のすべてのものは、あなたのご威力の出現の前では無力であり、あなたの富の証拠の面前では当惑させられ、すべてを超越するあなたのご主権の顕示に比べれば皆無に等しく、あなたの御力の象徴と御しるしに直面すればまったく力を失ってしまいます。おおわが主よ。あなたの他に、私が逃げ込める避難所がありましょうか、また、急ぎゆくことのできる安全な場所がありましょうか。いや、あなたのご威力が私の証人です。あなたの他に保護者はなく、逃げ場はなく、避難所もありません。おおわが主よ。あなたを思い、称賛することの聖なる甘美を味わうことを私に許し給え。ご威力にかけて誓います。その甘美を味わう者はみな、この世とそこにあるあらゆるものへの執着のすべてを捨て去り、あなた以外の者への思いから清められてあなたへ顔を向けるでありましょう。

おおわが神よ。あなたの御名を称えることができますよう、あなたの驚くべきご記憶をもって、私の魂を鼓舞し給え。あなたの御言葉を読みながら、あなたからの、隠された贈り物を見つけることができない者らの中に私を数え給うな。その贈り物は、あなたの定め給うところにより、御言葉の中に収められ、あなたが創り給うた者らの魂と僕らの心を活気づけるものであります。おおわが主よ。あなたの日々に漂った甘美な香りに奮い立たされ、あなたに命を捧げ、あなたの美を見つめたいという熱望と、あなたの面前に達したいという切なる願いで、死の舞台に急いだ者らの中に私を加え給え。そして、その途上で、「汝いずこへ行くや」と問う者があれば、彼らはこう答えましょう、「すべての所有者におわし、危急の場の救助者におわし、ご自力にて存在し給う御方である神のもとへ」と。

あなたから顔を背け、あなたに対して傲慢に振舞った者らが犯した罪も、彼らがあなたを愛しまつり、あなたに顔を向け、ご慈悲の方に向かうのを妨げることはできません。その彼らは、天上の群集により祝福され、諸々の永遠の都市の住民らから称えられた者らであり、あなたの最も崇高なるペンにより「これらこそは、バハの人々である。彼らを通して、導きの光の輝きは放たれた」と額に記されている者らからも称えられているのであります。変えることのできない書簡には、あなたのご命令と御心によりこのように定められております。

それゆえ、おおわが神よ、彼ら、そして生存中、あるいは死後に彼らの周りを回った者らの偉大さを宣言し給え。創造物の間にある正しき者らのために定め給うたものを、彼らに授け給え。あなたはすべてのことをなす力を持ち給う御方におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは、力に満ち、危難の中の救助者におわし、全能なる御方、最も恩寵 深き御方におわします。

おおわが主よ。私どもの断食を、この断食で終りとせず、また、あなたの樹立し給うた聖約をこの聖約で終りとし給うな。私どもが、あなたへの愛とあなたのお喜びのためになしたことすべてを受け入れ、邪悪で堕落した欲望に屈服したためにやり残したことをも、成し遂げたものと見なし給え。そして、私どもを、あなたの愛とお喜びにしっかりとすがりまつるようなし、あなたを否定し、あなたの最も輝かしい御しるしを拒んだ者らの危害から守り給え。実に、あなたは現世と来たるべき世の主におわします。あなたの他に神はいまさず、あなたは崇高にして、最も高遠なる御方におわします。

おお主なるわが神よ。最初の点であり、聖なる神秘、不可視の本質、神性の曙、あなたの主権の顕示者である御方を賛美いたします。彼を通して、過去と未来のすべての知識は明白にされ、あなたの隠された英知の真珠は披露され、あなたの秘蔵の名は明かされました。また、 あなたは、「存」と「在」の二文字を結びつけ、結合させた御方の名を通してその御方の告知者と定め給い、彼を通してあなたの威厳とご主権とご威力は知らされ、あなたの言葉は下され、あなたの法は明確に示され、あなたの御しるしが四方へ広められました。そして、あなたの御言葉は確立され、その御方を通してあなたが選び給うた者らの心情はあらわにされ、天と地にあるすべてのものは集められました。また、あなたは、彼を、名称の王国においてアリ・モハメッドと呼び、変えることのできない命令の書簡で霊魂の中の霊魂と呼び、あなたご自身の称号を付与し給いました。あなたのご命令とご威力とにより、他のすべての名は彼の名に戻り、あなたは、あなたの属性と称号のすべてが彼のなかで最終的完成に達するようなし給いました。目に見えぬあなたの世界と、あなたの聖別された諸々の都市と、あなたの汚れなき幕屋に隠された諸々の名もまた、彼に属するのであります。

さらに、彼の後に出現した顕示者の中にあなたの一体性を認めた者らの中から、彼、そして彼の諸々のしるしを信じ、彼に向かった者らを高め給え。その顕示者こそは、彼がその書簡、その聖典、その教典において、また、彼に下されたすべてのすばらしい聖句や、宝石のような言葉を通じて述べておられた顕示者であります。あなたはその顕示者に対し、自分自身の聖約を確立する前に、彼の聖約を確立せよと命じ給いました。バヤンの書が称賛しているのは、この顕示者であります。その書の中で、彼の優秀性が賛美され、彼の真実性が確立され、彼の主権が宣言され、彼の大業が完成されました。彼に向かい、彼が命じ給うたことをなした者は幸いなり。おお諸々の世界の主におわし、あなたを知るすべての者らの望みにまします御方よ。

おおわが神よ。私どもが彼を認め、彼を愛するよう助け給うたあなたに賛美あれ。彼にかけて、またあなたの神性の曙である彼ら、そして、あなたの主権の顕現者たち、あなたの啓示の宝庫、あなたの霊感の貯蔵庫らにより懇願いたします。私どもが彼に仕え、従うことができますように、また、彼の大業を援助し、彼に敵対する者らを追い払うことができるようなし給え。あなたは、望み給うことすべてをなす力に満ち給う。あなたの他に神はいまさず、あなたは全能者におわし、栄光に満ち給い、すべての者が援助を求める御方におわします。

バハオラ

App icon
Bahá’í Prayers
Get the app
font
size
a
theme
Day
Night
contact us
translations
Currently reading prayer in 日本語.
This prayer is also available in:
App icon
Bahá’í Prayers
Get the app